2019年4月 第3回わははの会

第3回「わははの会」は終了いたしました。

第三回目の「わははの会」は4/9日、お陰さまで盛会のうちに終了致しました。今回はスクールホリデーに当たり、お手伝いをして頂くボランティアの皆さんの参加が少ないのではないかと心配しておりました。しかし、当日蓋を開けてみれば、ボランティア16名、シニアの方11名、そして特別ゲストでいらっしゃった伊勢子ウィリアムスさんと彼女のご家族を合わせると合計30人もの参加者で会場はいっぱいになりました。

ボランティアの皆さんのご協力の賜物です。本当にありがとうございました。参加されたシニアの方からもありがとうのメールをいただくようになりました。皆さん、どうぞこれからも「わははの会」、よろしくお願い致します。

さて今回は、昨年九月に97歳のお誕生日をお迎えになられた伊勢子さんをお迎えして、今年の始めに出来上がったご自身の自分史の紹介をして頂きました。伊勢子さんの自分史を読みたいと希望される方も多く、伊勢子さんとご家族の許可を得て、わははの貸し出し図書としてコピーを一冊寄付して頂き、早速貸し出しが始まりました。参加者の中には伊勢子さんの思い出話を披露して、伊勢子さんに感謝の言葉を述べられたシニアの方もいらっしゃいました。ボランティアで英訳の監修をされたヘレンウィルソンさんも伊勢子さんに一目お会いしたいと駆けつけて下さいました。

「ちょっと為になる話」は今回、Advance Care Planningでした。プレゼンターは実際に病院の緩和ケア病棟で使用する法的書類を参加者の皆さん全員に配布して、いかにこれらの書類が大事なものであるか、何故今、考えなければならないのか、緩和ケアカウンセリングの現場からの声をお届けしました。皆さん、他人事ではないと真剣に聞き入っでいらっしゃったのが印象的でした。

どうぞこれからも宜しくお願い致します。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆さんへ 2022年、明けましておめでとうございます。 寅年の一年が始まりました。 年明け早々、皆さんには残念なお知らせです。 オミクロン株の感染が日々拡大し、しばらくは収まる気配がない事、またシニアの方々からも参加を懸念する声もあり、一月と二月のわははの会の開催を見送る事にしました。zoomでの開催も致しません。 私達を始め、お琴の演奏で新年会を楽しみにされていた方々も多いと思いますが、皆

わははの会 来週、5月11日(火曜日)は待ちに待った「わははの会」です! 今のところ、10時よりIndooroopilly Activity Hub (IAH)ホールにて開催予定です。お気をつけていらしてください。 万が一、変更がある場合は、再度メール致します。 お願い(1): ご自分の「手ぬぐい、タオル、紐、又はストレッチバンド」を ご持参ください。 みちさんのヨガ・ストレッチエクササイズの際

昨日の4月のわははの会は、久々のzoom開催であったにも関わらず、シニアの皆さん17名、ボランティア20名の方々にご参加いただきました。お元気そうなお顔を拝見し、私たちも安心しました。どうもありがとうございました。 ちょっと為になる話は、オーストラリアと日本の年金制度について会計士の渡辺さんにお話頂きました。大変興味深く、皆さん、固唾を呑んで大変静かに聞き入っていらっしゃいました。 渡辺さんの